米国製サプリメントの特徴

なぜサプマートはアメリカのサプリメントをオススメするのか?日本のサプリメントとどう違うのか?
ここではそんなお客様の疑問にお答えします!<

サプリメント使用が一般化された背景

国民健康保険のような公的制度がないアメリカでは、一度病気になってしまうととんでもない医療費を負担しなくてはならなくなります。
そこで発達したのが「予防医学」。そもそも病気にならなければ良い(予防)という考え方です。
サプリメントの使用は予防医学の発達とともに一般的になり、国民の半分以上(実に1億人以上)がなんらかの形でサプリメントを使用しているといわれます(アメリカ人の食卓には必ずといって良いほどサプリメントが置かれています)。
つまり、アメリカにおいてサプリメントは日本とは比較にならないほど大衆化された商品であり、常に消費者の厳しい目によって淘汰がされているのです。

FDAによる厳格な管理制度

こうした消費者の目に加え、アメリカのサプリメントは、FDA(米国食品医薬品局)の大変厳格な管理下に置かれています。FDAはサプリメント治験・承認、製造から販売にわたって厳しいチェックを行っており、この管理体制については、まだ日本は遅れをとっていると言わざるを得ません。
市民団体の力も強く、ご存知の通り「裁判社会」ですので、商品の品質に問題があった際にはメーカーは徹底的に責任を追及されます。
低品質な商品は市場から淘汰され、高品質で信頼された優れたブランド、優れた商品でなければ市場で生き残れないのです。


米国製サプリメントについて

米国製のサプリメントには、日本のものにはない考え方や技術が導入されています。
ひと言で言えば「実用性第一」。
不必要なものを入れたり、無駄な加工はしたりせず、必要な加工にはコストがかかっても高技術を投入するということです。

ハイコストパフォーマンス・ハイポテンシー

日本の廉価で手軽なサプリメントは、1粒あたりの成分量を少なくして粒数を増やしたり、1パックあたりの量を減らしたりしてリーズナブルに見せていますが、価格を含まれるトータルの成分量で割ってみると実は米国製サプリメントの何倍の価格であることも少なくありません。
また、こうした中身の薄い商品には、「サプリメント」としての実用性は期待できないことは言うまでもありません。

合成添加物フリー

アメリカでは、多くのメーカーでサプリメントに合成添加物(合成着色料・合成香料・合成保存料・防腐剤)を使用しておらず、ほとんどの場合その旨がラベルに明記されています。
そのため、見た目がよくなかったり、独特の匂いがあったりすることもありますが、それは余計な加工を施していないという証拠なのです。
カラダに必要なものを補うのがサプリメントなのですから、錠剤に美しいコーティングがされていたり、良い香りがしたりする必要はありませんよね。

タイムリリース加工

水溶性ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)は血中に入ってもすぐに尿として排出されてしまいます。そのため、一時的に血中の有効成分濃度が高まっても、数時間後には不足しているという事態が発生します(ビタミンCなどを1日何回も摂取するように勧められるのはそのためです)。
タイムリリースとは、サプリメントの有効成分が時間(6〜12時間)をかけて徐々に吸収されるようにした加工法で、長時間体内に有効成分が留まるようにしてくれます。

キレート加工(キーレイション)

無機物であるミネラルは、せっかく飲んでも通常は数%しか吸収されません。
キレートとは、このミネラルにアミノ酸を加えて吸収率を高める加工処理のことです。 キレート化したミネラルの吸収率は、そうでないもの数倍になることがわかっています。
成分含有量自体も多い米国製サプリメントですが、こうした技術も進んでいるのです。

バリエーション

多民族国家である米国には様々な人が生活しており、人々の体質やカラダの作りも単一民族である日本人には想像もつかないほど多様です。
そのため、それぞれのニーズに応えて多種多様なサプリメントが存在します。

成分で探す ELEMNT

注目の成分

コンディションで探す CONDITION

ブランドで探す BRAND