サプマートは高品質な米国サプリメント&コスメを日本の皆様にお届けします!

会員の方は7%ポイントバック! 5,000円以上で送料無料!

コレステロール低下作用に注目が集まる『レッドイーストライス』

今回は、今後“メタボ対策”としての活用も期待できるレッドイーストライスについて、掘り下げていきたいと思います。

 レッドイーストライスとは



レッドイーストライスとは、穀類などの澱粉質物に紅色の色素を作るベニコウジカビ菌を繁殖させた麹のことです。
古来より、日本では麹を酒や醤油、味噌などの醸造に用いてきましたが、その多くは黄麹や黒麹で、レッドイーストライス(紅麹)は、沖縄地方など、限られた地域でのみ食品に使用されています。その名のとおり紅色のレッドイーストライスは、日本では天然の着色料として利用されることの方が多い原料でした。

一方、中国や台湾での使用の歴史は数百年にも及びます。醸造はもちろん、着色、保存料として、また紹興酒や紅酒、紅乳腐、肉類の漬け込みや炒め物などにも使用され、まさに伝統食品といえるものです。
さらに薬としても利用されてきた経緯があり、中国・明の時代に編纂された生薬事典『本草綱目』には、消食活血(消化を助け、血の巡りを良くする)、健脾燥胃(内蔵の働きを良くし、胃の調子を整えてむかつきをとる)などと記されていて、レッドイーストライスが、消化や胃腸の働き、血流改善、脚気予防などに役立てられていたことが伺えます。

現在、レッドイーストライスは主にアメリカで、コレステロールの低下に役立つとしてサプリメントへの応用が進んでいます。


 コレステロールに対する作用で一躍有名に



レッドイーストライスが注目されるようになったのは、コレステロール低下に対する有効性が確認されたためでした。
応用微生物学者であり生化学者の遠藤章氏の功績によるものです。
同氏は1960年代のアメリカ留学中、コレステロールが冠動脈疾患の主要原因であることを知り、食生活が欧米化し始めていた日本でも近い将来、同様にコレステロールが大きな問題になることを確信。帰国後、菌類からコレステロール低下に関わる物質を探した同氏は、1979年、体内でのコレステロール合成に必要とされる酵素の働きを阻害する物質をベニコウジカビ(Monascus ruber)から発見します。

「モナコリンK」「モナコリンJ」とされたそれらの物質は、まずモナコリンKが実用化されることになりますが、同じ頃、アメリカの製薬会社であるメルク社も異なるコウジカビの一種からロバスタチン(モナコリンKと同一のもの)の分離に成功、1987年、先んじて製品化に漕ぎつけました。
このロバスタチンは、従来の高脂血症治療薬とはまったく異なる作用機序で、かつより強力で有効な治療薬として注目されることになります。

ロバスタチン発売以降、モナコリンKやモナコリンJを元に、安全性と有効性が高いスタチン系薬剤が次々と開発され、冠動脈疾患と脳卒中の予防と治療に対する“奇跡の薬”として現在世界中で活用されています。

一方、遠藤氏は1980年、やはりベニコウジカビであるMonascus purpureus株を発見しますが、この株はコレステロール低下作用を持つ物質を多く含むとして最も有名な株です。レッドイーストライスを作る菌は複数存在しますが、現在のレッドイーストライスサプリメントはほとんどがこの株を用いて製造されています。
コレステロール低下薬の基となる物質がレッドイーストライスに含まれ、さらにコレステロール降下剤と似た作用機序で効果を発揮することから、レッドイーストライスの有効性についてはもはやいうまでもないでしょう。


 レッドイーストライスに含まれる成分



生理活性物質として、コレステロール低下作用のあるモナコリンK、J、L、M、Xなどのモナコリン類とその水酸化物、コンパクチンなど、合計14種類が確認されています。
なお、レッドイーストライスそのものがいわゆる発酵食品であるために、ビタミンB群やアミノ酸、GABA、色素成分なども含んでいます。
(J Pharm Biomed Anal. 2004 Sep 3;35(5):1101-12.)


 コレステロール低下の仕組み



レッドイーストライスに含まれるモナコリンKのコレステロール低下作用は、細胞内でコレステロールが合成されなくなるようにすることに起因します。
コレステロールは直接食品から摂取される一方で、その大半が肝臓で複数の反応過程を経て合成されます。この肝臓でのコレステロールの合成を制御する重要な酵素が、HMG-CoA還元酵素です。

モナコリンKやスタチン系薬剤は、HMG-CoA還元酵素が作用するHMG-CoA(ヒドロキシメチルグリタリルCoA)と類似した構造をもち、HMG-CoA還元酵素との親和性が高いため、この酵素の働きを阻害することができます。結果、細胞内でのコレステロールの合成が抑えられ、コレステロールの量が減ると、血中コレステロールの細胞への取り込みが増え、結果として血中コレステロールも低下します。

<肝臓の細胞でのコレステロールの合成経路(メバロン酸経路)>

アセチルCoA
  ↓
アセトアセチルCoQ
  ↓
ヒドロキシメチルグリタリルCoA
  ↓ ← HMG-CoA還元酵素 ← モナコリンK、モナコリンJ、スタチン系薬剤
  ×
  ↓
メバロン酸
  ↓
   ・
   ・
   ・
  ↓
コレステロール


 摂取量



食品としてのレッドイーストライスには、特に決められた摂取量はなく、1日に9〜14g程度摂取されているともいわれています。
なお、コレステロール低下目的でレッドイーストライスサプリメントを使用する場合、多くの臨床試験の有効量から、1200〜2400mg/日とされています。
(J Altern Complement Med. 2005 Dec;11(6):1031-8.)


 最近の研究



○コレステロールに対する働き
コレステロール低下作用の認められる成分が既に見つけられていることから、コレステロールに対する働きについては実によく調べられています。

2006年にノルウェーで発表されたレッドイーストライスの高脂血症に対する有効性を評価する報告では、2004年の12月までに行なわれた総勢1万人を被験者とした計93件のランダム化試験を評価したメタアナリシスでも、Monascus purpureusの発酵によるレッドイーストライスに、脂質改善作用があると結論付けられています。
(Chin Med. 2006 Nov 23;1:4.)

また、その後に行なわれている試験でも、下記のような有効性が報告されています。

・2ヶ月間、1日2400mgのレッドイーストライスを80人に摂取させたところ、血中コレステロール値が250mg/dLから210mg/dLまで低下した。
ロバスタチン(モナコリンK)20mgと、レッドイーストライス2400mgを摂取させた際の血漿中濃度を測定した試験では、コレステロールを低下させる働きは同等であるにも関わらず、ロバスタチン20mgよりも、レッドイーストライスの方がはるかに血漿中濃度が低く、レッドイーストライスに含まれるモナコリンKをはじめとしたモナコリン類が相加的・協調的に作用していることが推察される。
( J Altern Complement Med. 2005 Dec;11(6):1031-8.)

・2月間、1日1200mgのレッドイーストライスを摂取させた患者と対象群(合計79人)では、レッドイーストライス摂取群でLDLコレステロール、総コレステロール/HDL、LDL/HDL、アポリポプロテインB/アポリポプロテインBの比率が有意に低下した。
( Eur J Cardiovasc Prev Rehabil. 2007 Jun;14(3):438-40.)

なお、現在、レッドイーストライスは、スタチン系薬剤の副作用として知られている横紋筋融解症が現われるような患者で、スタチン系薬剤の代替利用が可能かを検証する、第II相臨床試験が行なわれています。
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT00639223
http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00639223?term=red+yeast+rice&rank=1

- ・ - ・ - ・ - ・ - ・ -

○大腸がんに対する働き
スタチン系薬剤を服用することで大腸がんのリスクが低下するという疫学的研究があることから、レッドイーストライスの大腸がんに対する予防的有効性を示唆した報告もあります。

【レッドイーストライスとロバスタチン単体の大腸がん細胞に対する抗がん作用】
(J Nutr Biochem. 2008 Jul;19(7):448-58. Epub 2007 Sep 14.)
レッドイーストライスとロバスタチンの大腸がん細胞に対する働きを調べたところ、ロバスタチンは、HCT-116及びHT-29ヒト大腸がん細胞において、細胞の増殖を減少させ、細胞のアポトーシスを引き起こした。
この増殖の阻害作用は、ロバスタチンを加えた細胞では、メバロン酸によって逆転された。
しかし、レッドイーストライスにメバロン酸を加えたものではこの逆転はみられず、また、モナコリンKを含まないレッドイーストライスでも逆転はみられなかった。
これにより、レッドイーストライスに含まれているモナコリンK以外のモナコリン類やその他の化合物も、大腸がん細胞の増殖を抑えていると考えられ、レッドイーストライスは大腸がんの予防に対する働きを研究するに値する物質と同定できる。

この報告を行なった研究者は、その後、レッドイーストライスはモナコリンK自体よりも前立腺がん細胞の増殖を阻害する働きが高く、アンドロゲン依存型/非依存型どちらの前立腺がん細胞に対しても活性があり、その有効性をさらに確認するために動物などを用いた試験(インビボ試験)を行なう必要があるとしています。
(J Med Food. 2008 Dec;11(4):657-66.)

ヒトへの応用に関してはまだ時間がかかりそうですが、がんに対する働きが期待できるとは興味深い発見です。


 利用するにあたって



レッドイーストライスの働きを低下させるために併用は避けた方が良いもの、逆に併用が勧められるサプリメントがあります。

○併用を避ける必要があるとされるもの

・高脂血症治療薬
レッドイーストライスは、スタチン系薬剤と同じ働きがあることから、高脂血症治療薬と併用すると、作用の増強と副作用を招く可能性があるため、これらの薬を服用している方は使用するべきではありません。

・セントジョーンズウォルト
レッドイーストライスそのものとの直接的な関わりは確認されていませんが、スタチン系薬剤の働きを低下させることが知られていることから、同様の働きをもつレッドイーストライスの働きを低下させると考えられています。

○併用が勧められるもの

・CoQ10
体内でのCoQ10の生合成は、コレステロールの生合成過程と途中まで同じ経路をたどります。HMG-CoA還元酵素の働きを阻害すると、CoQ10の生合成も抑えられることが確認されていることから、レッドイーストライスを摂取する場合には、CoQ10を補給することが勧められます。
さらに、CoQ10の減少が下記のような副作用の発現にも関係するという報告もあることから、なお積極的に摂取することが勧められます。
これはスタチン系薬剤を服用する場合にも同様にいえることです。
(Am J Cardiol. 2004 Nov 15;94(10):1306-10.)
(Arch Neurol. 2004 Jun;61(6):889-92.)
( Br J Nutr. 2005 Jan;93(1):131-5.)

○副作用
その作用機序から、スタチン系薬剤と同様の副作用が起きる可能性は指摘されています。稀ではありますが、腎臓や肝臓の機能が低下している人や高齢者などが副作用を起こすこともあります。アメリカでの調査では、スタチン系薬剤の副作用の発現は、薬剤の種類によるものの、2〜7%とされています。ただし、レッドイーストライスでの副作用の報告は明確にはなされていません。
また、横紋筋融解症を起こしにくいとは考えられていますが、特別な運動などはしていない状態で筋肉が痛むといった場合、副作用の可能性があります。
安全とされていますが、常に注意しながら摂取する必要はありそうです。


 まとめ



レッドイーストライスのコレステロール低下に対する働きは、数多くの研究により立証されています。
薬を飲むほどではないけれど…という、高めのコレステロール値が気になる場合、健全なコレステロール値を維持するために、食事療法や運動療法に加えてレッドイーストライスを利用するのは大変有効な手段といえるでしょう。


<参考>

イングリディエンツ・ラボ