関連ページ


 カテゴリページ
 ・ミルクシスル
 ・ウコン(ターメリック)
 ・L-グルタチオン
 ・L-システイン
 ・飲み過ぎが気になる方向け
 ・デトックス・解毒サポート

 商品ページ

 ・レバーデトックスリジェネレータ
 ・ハングオーバーフォーミュラ
 ・ターメリックフォーミュラ
 ・ブーズイーズ


お酒を健康的に楽しむためのサプリって? by リチャード


いつまでもお酒を楽しみたい。でもそろそろ肝臓のケアも・・・。
そんなリチャードが「お酒の友」を探します。


下戸が過半数を占めるサプマスタッフの中、私リチャードは大のお酒好きという貴重な存在。
この十数年間、アルコールを口にしなかった日は数えるほど。週に一度は何かしら理由を見つけては飲みに行き、そうでない日も晩酌を欠かした事はありません。
飲み過ぎで多少つらくても、かえってあの「けだるさ」が気持ち良かったりして・・・、夕方になりある程度スッキリしてくるとしっかり「迎え酒」。
そんな私ですが、さすがに最近は寝起きもつらくなり、体からアルコールが抜けるのにも時間がかかるような気が。妻も心配しているし、そんな私をサポートしてくれるサプリを探してみたいと思います。


 年のせい!?やっぱり二日酔いはつらい!


幼稚園に行く準備万端の娘の声。それが遠くかなたから聞こえ出し、起きない私にしびれを切らして声が段々と怒った口調に変わってくると、あのいつもの二日酔いのいやーな一日の始まりです。

「ふぅ、また飲み過ぎた・・・。」独り言ともため息ともつかない言葉を発してベッドから起き上がると、全身がだるく頭はガンガン。とりあえず、妻と息子に朝の挨拶をし、水を一杯。笑っていても、背中で怒っている妻・・・。
仕方なく、ソファーに横たわる愛猫ピエールに「飲み過ぎは良くないけど、昨日はちょっと付き合いでさぁ・・・。」と話しかけると、つまらなそうに大あくびを一回。「なんだよー、昨日は夜食もあげたし、撫でてあげたら喜んでいたじゃないか!」と、ネコにあたってみてもむなしいばかり。仕方なく頭の痛いのを我慢して出かける準備をします。
「ちょっ、ちょっと待って、今すぐ着替えるから!!」

普通は大人(?)になると、お酒の飲み方がわかってきて、酒量を調整しながら飲むようになるといわれますが、私には全く当てはまりません。「今日はちょっとセーブしながら・・・」なんて思っていても、舌の乾かぬうちにまた深酒。

幸い、二日酔いで多少気持ち悪くなることはあっても、極端に体調が悪くなったり、内臓疾患などにはならなかったのですが、そろそろ体を労わって飲む時期なのかもしれません。


 でも、酒量は落としたくない!


こんな事、宣言するようなことではないのですが、私は典型的な「興が乗る」タイプ。
お酒を飲んでいて楽しくなってくると、もうグラスを手放すことが出来ません。
さらに悪いことに、飲酒により味覚が鋭くなるのか、美味しいものがさらに美味しく感じられ、食欲も普段より多くなります。なんとか楽しいお酒をやめずに、体を労わってくれるサプリメントはないかと、早速編集部の面々に相談。
しかし、ご存知のとおり(?)、ほとんどのスタッフはお酒が飲めないので、とりあえず思いつくままに私の典型的な症状をリストアップしてみました。

●初期症状(起床直後)
「起きるのがつらい」、「頭が痛い」、「喉が渇く」、「手足がむくむ」、「太陽が眩しい(目が乾いている)」

●起床から2、3時間後
「後頭部あたりが重い」、「喉の渇きが続く」、「ふわふわとして、足元がおぼつかない」、「辛いものが食べたくなる」、「じっとりと冷や汗のようなものをかいている」

●起床から5〜7時間後
「気分が一時的に高揚する」、「やっぱり辛いものが食べたい」、「相変わらずじっとりと冷や汗が続く」

酒量にもよりますが、上記の様に一日中二日酔いの症状に悩まされるわけではなく、夕食の時間になると頭の痛みなどはなくなり、それほどつらいと思わなくなります(だからまた飲んでしまうのですが・・・)。
ただ、年齢のせいなのか、明らかに正常な状態に戻るのが以前より遅くなっています。また、手足のむくみが次の日まで続くこと、辛いものが食べたくなって水分も多く摂取してしまい体重が増えてしまうことも心配です。

そんな悩みを伝え、サプリメントをいくつかピックアップしてもらいました。


 検証その壱:スタッフ全員での飲み会


タイミングの良いことに、今回選んだサプリメントが届いた日は社内の飲み会の日。
久しぶりのスタッフ全員での飲み会で、いつものようにグルメサイトを見たりして「今日はいつもと変わったところでタイ料理にしよう」とか「今流行のもつ鍋屋は?○○においしそうなの見つけたよ」とか皆で相談していましたが、結局いつもの「スタッフ御用達(?)の焼肉屋」で一件落着。
そして、その日最初の検証のために私が試してみることにしたのが、NOW社のレバーデトックス&リジェネレーターと、SOURCE NATURALS社のハングオーバーフォーミュラです。

レバーデトックス&リジェネレーター NOW
レバーデトックス&リジェネレーター
肝臓の解毒・浄化と機能増進をサポート。L-グルタチオン、ミルクシスルなどに加え、様々な植物成分をブレンド。
ハングオーバーフォーミュラ SOURCE NATURALS
ハングオーバーフォーミュラ
二日酔いの防止にフォーカスした「抗二日酔い(?)」フォーミュラ。

レバーデトックス&リジェネレーターは、肝臓機能の維持をサポートするための特許ブレンドサプリメント。肝臓をケアするサプリメントとしてはおなじみのミルクシスルや、解毒作用に欠かせないL-グルタチオン、さらには各種の中国ハーブを絶妙にブレンドしているという優れもの。一日3粒を目安に毎日摂取して行くことで肝臓をガッチリ守ろうというわけです。
残念ながら、この日は届いたばかりなので、PM7:30〜の飲み会開始より3時間ほど前にとりあえず1錠を飲んでみました。

併せて飲んだハングオーバーフォーミュラは、アルコール摂取による体へのダメージをケアしてくれるサプリメント。
アルコールによる利尿作用と脱水症状の繰り返しにより、ビタミンやミネラルが不足しがちなのですが、このサプリメントはビタミンやミネラル等を上手に補給し、かつ飲酒によるダメージを最小限に抑えてくれるのが最大の特徴。
また肝機能強化に役立つハーブ類なども配合されていて、まさに二日酔い対策にはうってつけといったところです。
このサプリメントの使用方法がまさに「飲酒直前」ということで、「カンパーイ!」の前に3錠を飲み、帰宅時に2錠飲んでみることに。
※酩酊して忘れるとマズイと思っていたのですが、ちゃんと忘れず飲めました。

◆頭痛はないけど、酔わないから飲み過ぎた??


次の日の朝。起きるのはいつもながら結構つらいのですが、頭の痛みはいつもより感じられません。
「いやー、昨日も飲みすぎたー。」と、リビングへ向かう足取りも何となくいつもよりは軽やか。ひどい喉の渇きもありません。
とりあえずコーヒーを一杯、・・・と、口にすると胸の辺りに急に気持ち悪さを感じました。いつもは二日酔いで胸焼けしたことは無かったのですが、その朝は今まで味わったこのないくらいのムカムカ感。二日酔いの症状は確実に軽減されているのに、この胸の気持ち悪さはいったい何だろう?

思い当たるのは、昨夜の酒量です。覚えているだけで、白ワインを3本弱にビールをジョッキ3杯・・・。これは、私にとっていつもの倍位にあたります。
実は、昨夜はサプリメントのせいなのか、いつもより酔うのが遅かったため、ついつい飲み過ぎてしまっていたのです。焼肉を食べ過ぎたのも一因でしょうが、ちょっとこの気持ち悪さには閉口です。
結局この日の夕飯頃になってようやくこの症状は良くなってきました。

幾らサプリを飲んでも、いつもよりたくさん飲んでしまっては意味がないですよね。
皆さんもお気をつけて・・・。


 検証その弐:後輩Tといつもの居酒屋めぐり


普段はレバーデトックス&リジェネレーターのみを飲むことにし、一週間が経ちました。体調もなかなか良好。
晩酌時には酒量が少ないせいか、もともとひどい二日酔いになることはありませんでしたが、サプリメントを摂るようになってからは、翌朝の寝起きがさらに楽になった気がします。
※ちなみに、私の晩酌はいつもビール500mlと白ワインを2/3本(500ml)程度です。

さて、「検証その弐」は、後輩Tとの居酒屋巡りです。後輩Tは私より10歳ほど年下ですが、体格や酒量は大体同じくらい。ちょうど良い機会なので、彼にもハングオーバーフォーミュラを試してもらうことになっています。

 「どう?」
 「うーん、酔わないっす・・・」
 「そうだろ、なかなか酔わないだろ?」
 「はい・・・。とりあえず、店代えてみませんか?先輩。」

そう、やっぱり酔いの回りが遅いのです。前回の検証でもそうでしたが、ハングオーバーフォーミュラを摂っていると、明らかにあまり酔いを感じられないようで、ついつい飲み過ぎてしまいます。結局この日は4軒をハシゴ。私も後輩もいつもより早いペースでお酒を飲み、これといってヘビーな食事を取らないままタクシーで帰宅することに。

さて、次の日ですが、昨夜食事に気を使ったせいか前回のような胸のムカムカ感はありません。後輩はどうかというと、寝起きもしっかりしていて、いつもより二日酔いの症状は感じられないとの事。特に気なるところもなく、しっかり次の日も会社の飲み会に参加したそうです。
ただ、面白いことに「もうあのサプリメントは飲みたくない」と言っています。
理由は簡単、「あまり酔えないから・・・」。


◆サプリメントを変えてみた。


後輩との居酒屋めぐりから約2週間。実はこの間に摂取するサプリメントを変えてみました。
今度選んだのは、下記の2点です。

ターメリックフォーミュラ AYURVEDICA
ターメリックフォーミュラ
高濃度のクルクミンが含まれる話題のウコンを高配合。さらにジンジャーもプラス。
ブーズイーズ PINNACLE
ブーズイーズ
二日酔い・悪酔いの原因となる「コンジナー」の影響を弱めるフォーミュラ。

ターメリックとはウコンのこと。カレーにも入っている黄色いスパイスで、日本でもお酒飲みにお勧めのサプリメントとして知られてます。
私自身、以前からウコン(ターメリック)には興味があったので、ちょうど良い機会です。ウコンに含まれるクルクミンには肝機能を高める働きのほか、抗酸化作用、抗炎症作用、コレステロール低下作用などありますが、このターメリックフォーミュラにはクルクミンが高濃度に配合されているので期待大です。

さて、お気づきになった方もおられるかと思いますが、私はビールとワインしか飲みません。しかもワインは白ワインのみです。
もともとアルコール度数の高いお酒は苦手なのと、お酒を飲むときは比較的しっかりした食事をとる習慣が関係しているのですが、それ以上にこの二種類のお酒が好きなのは言うまでもありません。そして、この私の好きな二種類のお酒はコンジナーを多く含んでいるお酒なのです。

コンジナーとはお酒からアルコールと水を除いた成分のことで、お酒に風味を与える成分やその副産物(糖類や色素、酵母残留物、油、有機酸、アルデヒド等)なのですが、このコンジナーが多く含まれるお酒を飲むと悪酔いや二日酔いになりやすいようなのです。一概には言えませんが、「ウォッカ」や「甲類焼酎」等はコンジナーが少なく、逆に私の大好きな「ワイン」や「ビール」等は比較的多いそう。
今回チョイスしたブーズイーズは、このコンジナーの影響を弱め、胃の内部で吸収する働きのある炭酸カルシウムとセルロース(植物性繊維)、クロロフィルを含有するスピルリナ、免疫機能を高め、血中のグルコースのバランスを整えるインドセンダンを配合した二日酔い、悪酔い対策用サプリメントなのです。


 検証その参:久しぶりに旧友と


昔からの友人と久しぶりの飲み。
大学の頃からつるんでは馬鹿ばかりしていた我々も、今では立派なお父さん(オヤジ?)です。お互い子供が小さいこともあり、昔のように気軽に飲みに行くこともなくなり、約二年ぶりに再会です。
 「何食べよう?」
 「最近、娘とプールへ行って鍛えているから焼肉がいいな。」

お互い思いつくところもなく、性懲りも無く今日も焼肉です。上述の後輩同様、友人にも検証してもらおうと思ったのですが、いかんせん彼はあまりお酒が飲めないタイプ。
とりあえず、私だけがブーズイーズを2錠飲んでみることにしました。ちなみにターメリックフォーミュラはこの日の5日前より飲み始めています。この日は相手があまり飲めないこともあって、いつもより酒量は少なめでした。白ワインを1本(750ml)とビールを同じく750mlくらいです。ただこの日は久しぶり会って、話が弾んだということもあって、あまり飲めない友人が行きつけ(?)にしているバーに行くことになり、珍しくスコッチウィスキーを2杯飲むことに。そして、前述のレバーデトックス&リジェネレーター同様、飲酒後も効き目があるということで、帰宅後さらにブーズイーズを2錠飲んで就寝しました。

◆二日酔いの不快感はナシ。心地よい週末に・・・。
いつものように娘を幼稚園に送るため、今日も早起きです。
少し胸に気持ち悪さがありますが、頭の痛みもなくスッキリと起床。ただ、まだちょっと体にアルコールが残っているなという感じがして、喉が渇き、足元が少しだけフラフラします。
「ウーン、いつも飲まないウィスキーのせいかな?」

結局、その日は昼までアルコールが残っている感じでフワフワとし、喉の渇きもしばらくおさまりませんでした。しかし、二日酔いの時のように頭が痛いわけではなく、かえって日ごろはナーバスな気持ちで過ごす週末が気分の良いものとなりました。


 まとめ


皆さん参考になりましたでしょうか?
本当は「もう少し時間かけて検証してみたかった!」と言うのが私の本音です。食べものなどとの相性を考えてみる、サプリメントの飲む組み合わせを考えてみるなど、試してみたかったことも多く、少しやり残したことが多かった今回の体験隊でしたが、悪酔い、二日酔い対策としてはそれなりの成果を感じることが出来たのも事実です。
ハングオーバーフォーミュラは酔いそのものも抑制してくれ、ブーズイーズは次の日アルコールが残っている感じはするが確実に頭痛などの症状は抑えてくれます。また日頃から健全な肝臓機能を維持するため、レバーデトックス&リジェネレーターとターメリックフォーミュラは、私のように毎日お酒を飲んでいる方には必須のアイテムと言えるのではないでしょうか(編集部注:酒量も減らした方が良いでしょう)。

若い頃は少しくらいの無茶でも何とか乗り越えてきましたが、年齢とともに確実に体に感じる負担は大きくなっています。楽しいひと時でも、自分を客観的に見る視点を持っているのが正しい大人なのですね、きっと。

ところで、今回は焼肉が多かったのですが・・・。
次回はもう少し何ていうか、食事するところではなく違うところで、何ていうか難しいんですが・・・、そうそう、銀座にありそうな、隣にドレスを着た女性がついて・・・みたいなトコに飲みに行って試してみたいんですが、ダメですかね、編集部の皆さん?

by リチャード