PHION BALANCE
ダイアグナスティック・pHテストストリプス / 90枚

あなたのカラダは酸性ですか?アルカリ性ですか?!

商品情報の無断転載を禁じます。

【サプリメント】ダイアグナスティック・pHテストストリプス

ご注文はこちらから

サプマート特価: ¥1,980

数量 個 

UPC# 813986010013

ご注文の前にご確認ください。


関連カテゴリー

体のpH状態を簡単に計測できる「ダイアグナスティック・pHテストストリプス」。
pH4.5〜9.0と広い範囲でpH値をテストすることでき、医師や開業医からもpH値の判定に利用されています。

通常のリトマス紙を使用すると濡れて液体が流れたり、また複雑な色になってしまってpHカラーチャートから合致した色を判定することが困難でした。
本商品は簡単に取り扱えるプラスチック製の板に2つのカラーパッドがついています。リトマス紙よりも簡単に、より効果的にpH値を測定できます。

体のpHについてや、pHのテストに直面すると、私達は混乱させられますが、実際のところ、何のことはない簡単なことなのです。
尿か唾液でテストすることで、体が酸性に傾きすぎているのか、またアルカリ性なのかを簡単に判定することができるのです。

尿か唾液か、いつテストするか、どのくらいの頻度でテストするか、などについて様々なエキスパートが異なる意見を述べていますが、PHION BALANCE社では、ベッドから起きてすぐにテストを行うことが便利だと考え、午前中に尿をテストすることを推奨しています。

pH値については様々な意見がありますが、一般に一致しているのは、健康を維持するための血液のpH値は、“7.35〜7.4”を維持している必要があるということです。

本商品は体のpH値バランスを簡単にテストすることができます。

もし、体が酸性に傾きすぎているとしたらエネルギー不足や消化不良、関節痛、体重のコントロールがうまくできていないなど、体調不良が起こっていないか毎日チェックしてみて下さい。 毎日体調を十分にケアした状態でpHテストを行えば、正常な範囲のpH値を得ることができます。

<特徴>
・正しい結果
本テスト用紙はあなたの体が酸性に傾いているのか、アルカリ性に傾いているのかを精密に知ることができます。

・簡単な結果判断
通常のpHテスト用紙とは異なり、本商品はデュアルパッド(テストパッドが2つ)になっており、簡単にテスト結果を見ることができます。

・推測不要
テスト結果を判定する際、カラーチャートを使用します。 そのチャートは0.25ごとに値を測ることができますので、より正確にあたなのpH値を知ることができます。

・広い用途
尿と唾液でpH値を計測することができます。

【尿テストについて】
体が酸を排泄するために重要な機能の1つに腎臓機能があります。 腎臓機能の働きにより排泄される尿の正常な酸性値はpH6.75〜7.25といわれます。
本商品はpH4.5〜6.5の範囲内で酸性度をテストすることができ、尿のpH値が酸性に傾きすぎているか確認することができます。
酸性度が高い結果からは、アルカリ性ミネラルが少なく酸が多いということが示され、体内のpHバランスが傾いているといえます。

【唾液テストについて】
pH値を調べる方法は色々ありますが、本商品は唾液でpH値を調べることができます。
私達の体はミネラル緩衝作用があることから、通常pH7〜7.5といわれています。(なお、食事直後はpH値が8以上になることがあります)。
酸性度に傾いている唾液はアルカリ性ミネラルが少なく酸が多いということが示され、体内のpHバランスが崩れているといえます。

ご使用方法

【尿でのテストの方法】
1) 排尿中に、すばやくテスト用紙に尿をつけて下さい。
2) テスト用紙についた余分な尿を振り落としてください。
3) ボトルに記載されているカラーチャートと見比べて、テスト用紙の色を確認してください。
15秒以内にテスト用紙の色をチェックし、メモしてください。 (時間が経過するにつれ色が暗くなります。)
4) 使用後のテスト用紙は捨ててください(1回しか使用できません)。
 
【唾液でのテストの方法】
1) テストする1時間前までに歯磨きを終わらせ、また口の中に食べ物や飲み物が残っていない状態で行ってください。
2) 口の中を水ですすぎ、約3分間待ってからテストしてください。
3) 唾液でテストしてください。(口の中にテスト用紙を入れて唾液をつけて下さい。)。
4) 直ちに、ボトルに記載されているカラーチャートと見比べて、テスト用紙の色を確認してください。
15秒以内にテスト用紙の色をチェックし、メモしてください。(時間が経過するにつれ色が暗くなります)。
5) 使用後のテスト用紙は捨ててください(1回しか使用できません)。
 
※ボトルのカラーチャートとテスト用紙の色が合致しなかった場合は、色の幅からpH値を判断してください。例えば、pH値が6.85の場合テスト用紙はカラーチャートと一致した色が現れません。この場合、カラーチャートの一番近い色を探し、そのpH値より低いpH値であると判断して下さい。
 
※テスト用紙の上部の色がカラーチャートと合致していても、下部の色がカラーチャートと合致していない場合には、上部の色の結果を採用してください。

ご注文はこちらから



商品レビュー

  (投稿者名: 梅田酸美 投稿日:2011-09-15 07:33:55)
なんか面白そうなので買ってみました。
自分の体が思いっきり酸性だったことに驚きました。
これをキッカケに健康に気を付けようと思いました。

※レビューを投稿するにはログインが必要です。ログインはコチラ