ロディオラ・ロゼア(イワベンケイ)のサプリメント一覧

ロディオラ・ロゼア(Rhodiola rosea) は、主に中央アジア、シベリア東部、ヨーロッパの一部の北極圏地域の標高が高い砂地に自生しするベンケイソウ科の多年性植物です。
黄色くバラのような香りがある根茎から、“ゴールデンルート”、または“ローズルート”とも呼ばれています。
※日本ではイワベンケイと呼ばれています。中国ではロディオラ・ロゼアを「紅景天」、同属植物を「○○紅景天」と呼び、同じように薬草として使用していることから、日本で「紅景天」と呼ばれている健康食品の中には、ロディオラ・ロゼアではない、別なロディオラ属の植物が使われていることがあります。

薬草としての利用の歴史は古く、古代のギリシャ人医師Dioscoridesの薬学書“De materia medica”も記録があり、特にロシアやスカンジナビア地域の国々では、滋養強壮、高山病、疲労回復、貧血、胃腸障害、精神トラブルなど、様々な目的に用いられていました。
東シベリアの山岳地域の村での多産と健康な赤ん坊を授けるハーブとして、結婚するカップルへロディオラ・ロゼアの根(根茎)を贈るといった伝統的に利用するところも現在でもありますが、スウェーデンやデンマークでは疲労改善・精神疲労改善を目的とした植物由来医薬品として使用を認めています。
※ただし、医薬品としてはロディオラ・ロゼアの標準化エキストラクトのみ

北欧・ロシアを中心に伝統的に使われてきたロディオラ・ロゼアが、アメリカやその他のヨーロッパの国々でも注目されるようになったのは、1980年代から。 様々なストレスに対し、心身が対応できるようにサポートするアダプトゲン(適応促進)作用が注目を集め、アメリカでは精神的・肉体的ストレスの回避をサポートするためのハーブサプリメントとして人気を集めています。

《参考情報》
イングリディエンツ・ラボ第15回 「ロディオラ・ロゼア」

▼商品リスト

●並び順
  • 新着アイテムお試しセール
  • サプマ会員登録はこちら
  • アウトレットセール
  • 貼るサプリメント
  • テロメアをサポートする
  • お得なセットはこちら
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
5,000円以上で送料無料! 会員の方は7%ポイントバック!